巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 04日

十両 福島県福島市渡利町山際小牛田山:的場石(まどいし)

4号線福島市内から大仏橋を渡り次の弁天橋の手前を左折する。「五輪石」より手前の左手の浄水場脇を左折し上に走らせると案内看板が出てくる。右のヘヤピン―カーブを右折(一回では無理)すると左手に登り口が見えて来る。
小牛田山頂、と言っても300mほど歩けば着く。大きな奇岩岩石である。
f0125073_16165119.jpg

             横から見ると
f0125073_16172857.jpg

             全景は
f0125073_1618183.jpg

「信達一統誌」に伝承もあり、的場石前の看板に由緒等が書いてある。又
「・・・むかし、源平合戦の折り、屋島の戦いで扇を的にして射落とした弓の達人那須与一が信夫山よりこの石を的にして射ったる、云々。 その岩の中にはやじりが折れて入ってるという。でも4Kmも離れた信夫山から射られた矢がここまで届くわけはない。 つまり、この的場石は、的場権現として古くより齋き祀った霊場であり、その昔、この奇岩の上に幣束を立て、ご来光を仰ぎ、雨乞いをし、いろいろの祈願をしてきたものと思われる。」(福島市渡利椚町在住の管野健夫氏の山際史前篇による。)とある。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-04 16:14


<< 関脇 福島県福島市渡利町前野稲...      十両 福島県二本松市岩代町仲の... >>