巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 02日

小結 福島県田村市都路岩井沢強梨:二艘船石

福島県高原都市田村市の大関「古代亀石」に続くものである。郡山市富久山町・国道4号線から288号線に入り船引三春方面に走る。又は磐越自動車道「船引三春」で降り288号線に入り都路街道を走る。 (288号線に入るなら49号線からという手もある。)
田村市岩井沢に入るとこの左側に案内看板が出て来るので左折する。
f0125073_1244629.jpg
f0125073_12442065.jpg

道なりに進み、2つ目の案内地図看板が出て来たらここから左折する。
f0125073_12462635.jpg

500m程行った所で突き当り舗装道路が途切れるが、杉林の奥を見ると船石が見える。
奥に進むと目の前に二つの船石・「二艘船石」が直ぐである。
舗装が切れた所から船石の所まで草が刈られ綺麗に整備されていて船石が大事に守られているのが分かる。 
f0125073_12471612.jpg
手前側に舳先が向いた船石である。
f0125073_12475431.jpg
f0125073_12482171.jpg

真っ正面から見た船石である。
二本松の「舟石」同様巨大である。
f0125073_12484916.jpg
厚みもあり、形も良く素晴らしい船石である。
看板には「長さ11m、高さ1、8m、周囲25、6m、幅4、5m、総重量40、2トン」とある。
40、2トンとは計量したようにいやに正確な数字だがそんなものではあるまい。私の計算では雄に200トンはある。
f0125073_12494487.jpg

舳先(船首)も正に船の形であり
f0125073_1251665.jpg

船尾もちゃんと形になっている。
f0125073_12525768.jpg
前からも後ろからも確認出来るが埋もれているのではない。元は一つであった石を二つに立割りし一つはここに運ばれて来て置かれているように見えるのである。と、言ってここにある2艘が2つに分かれた兄弟ではないのだ。
上から転がって来たものでもないようだ!そんな転がってくるような高い山でもないのだ。
しかし運ぶ事が不可能ならば、どうやってここに!何のために?…を考えてしまう。
[PR]

by yo-hamada | 2010-07-02 12:37


<< 参考掲載  秋田県仙北市田沢湖...      大関 福島県田村市都路岩井沢強... >>