2010年 07月 20日

参考掲載 福島県南相馬市小高区板木沢懸の森:立石・大岩・胎内潜岩

「うつくしま百名山・懸の森」のパンフに出ている巨石である。
国道6号線小高の西方、34号線(相馬浪江線)に出ると道路端に、北から順に、懸の森(かけのもり)「羽倉登山口」、懸の森「大穴登山口」、「滝平の滝」、「八丈石山」と小さな案内標識が建てられている。
私は「大穴…」を通り車で行ける所まで行ってみた。
役所の方々、山の愛好会、行政区長会の皆様方によるものらしく、この日も含めて年3回道路確保に除草をされる事を伺ったが、何と頂上まで整備されルートは万全であった。

由来によると、この山は古くから八丈石山とともに山岳信仰の霊場で修験者の修行の場であったと伝えられ、山頂にある巨石の形状から「欠が森山」と言われて来た。

永享年間に小高城主・相馬重胤公が難病に罹りこの山の西にある五台山に退隠した時、正室と側室との争いがあり、正室は片倉を経て、側室は「欠が森山」を駆け登って、五台山へ走ったと言う。結果側室が勝った事から「駆け登り(かけのぼり)」が転訛して「かけのもり」と呼ぶようになったと伝えられている。(これは如何かな~?幾らなだらかな山とは言えここを駆け登り、更に五台山まで行ける道理がないと思うのだが……比喩ではあると思うのだが果たして殿が五台山に退隠したかどうか…その当時の山の整備がどうだったのか!若しかしたら立派な人の住める所だったら私の不明をお詫びしなければなりませんが…))

登り途中、道から少し下がった所に「立石」と言われるこの巨石がある。道路からは石の頭部位しか見えないからご注意を!
下に下りて、立石を横から見ると、成程巨大である。
f0125073_1029407.jpg

立石を真っ正面から見ると横幅もある。
f0125073_1030632.jpg

立石から10分ほどで頂上である。
頂上のほんの少し右手下に大石がある。地元では「大岩」と呼んでいるが「大石」の方が似つかわしい。
上から写真を撮ると幅もあり深さ(高さ)もあるが巨大さがどうも伝わり難くもどかしい。現物の方が遥かに良い。
巨石は半分に欠けた様である。この形状がそもそものこの山の由来だろうか?
f0125073_10304963.jpg

f0125073_1031285.jpg

横から廻りロープと梯子を伝って下りるとこの大石の下に「胎内潜り」と呼ばれる空洞もある。潜り抜けは可能であった。
f0125073_10313749.jpg

大石の下には、「大穴登山口」に向かう34号線の入り口から3kmほど南下した道路右手にある
「大山祗神社」から分祀されたと思われる「大山祗神社」の祠がある。
f0125073_10333229.jpg

この神社には、昭和初期には武門の神として信仰を集め、出征兵士の参拝が絶えず、毎月の縁日には行列が続き盛況であったと言う。この頃地元の有志で「懸の森 大山祗神社」神殿を再建したが、神社のお札やお守りに「懸の森…」で授与している事から、「欠が森山」の「欠」を嫌い、現在の「懸の森」になったと言われている!との事である。
大山祗は本来雨乞い信仰が強い山の神でもあり、戦勝の神でもあると書いてあった。
f0125073_1034669.jpg

祠の正面の大石。
f0125073_10344355.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-07-20 10:26


<< 前頭 福島県田村郡三春町王子神...      参考掲載 福島県田村郡小野町大... >>