2014年 02月 15日

目次1、はじめに!巨石崇拝!巨石文化始まりの巨石を探し求めて!


 太古から変わらぬ神々しい初日の出
:平成29年(建国2,677年)の幕開け・元旦、塩竃市漁港岸壁から初日の出を拝む!
2~3分程度、静止と若干の動きをしていたが、突然ジグザグの奇妙な動きをしたかと思うとアッという間に消えて行った。(蛇足であるが、後年、同じく塩釜市に住む私の甥の嫁さんが、清水沢町の某大型酒店の屋根の上に浮かぶ完全なアダムスキー型円盤を近距離から目撃した体験を持つ。・・・)
私の場合は、興奮して天文台と気象庁に問い合わせるも、当然?肯定する返事はなく、気球とか飛行機とか光の反射とか、何かの見間違いでしょう!と言われるに過ぎなかった。
それが私の人生、私だけが信ずるたった一回のUFO目撃体験であった。
又、同時期出張の折、上野の旅館で就寝中、深夜に30才位の女性の幽霊に二度背中を押されて起こされた。
電気を消し、窓も閉め、ドアに鍵を掛けた真っ暗な密室の筈なのに、敷かれた布団の横で、ニヤッと笑った(様な)不気味な顔は強烈だった。
其の儘、這って部屋を出、宿の主人を起こし、逃げるように旅館を飛び出した私は、寒空のもと上野駅で夜を明かしたが、更に、この後信じられない出来事があった。この投稿巨石内容と関係がないので割愛するが・・。
それ以後、超常現象、UFO、オーパーツ等にのめり込み、TV映画「Xファイル」のFBIのモルダーやスカリー特別捜査官程(失礼!ご存じない方は何の事か分らないでしょうが・・・)ではないが、年を経る毎にのめり込む事となった。
その後、巨石探しの傍ら、次第に超常現象やその裾野が広がり、オーパーツ、UFO、ピラミッド、古代文化の幕開け・巨石崇拝、ユダヤ支族同祖論、神社の由来等に傾注し、幕屋を擬した神社にのめり込みそして、ピラミッド山を探しては登り、現在に至っている。

巨石!例えば石器時代の古代人はそれを見てどんな風に思ったのだろうか!
雷が落ち、山火事がおき、大雨が降り、洪水が襲い、火山の噴火があり、太陽や月が翳り、そしてその後の豊かな実り!こうした自然の現象をどう感じたのだろうか!
彼等は巨石に神を見、そうした自然の驚異に神を見ていたと想像するに難くはない。
ある巨石は、ある意図や意志が働きそこに配置されたのではないか!という感慨にさえ囚われる物もある。
何とも言えない不思議さ、不可解さを感じるのである。…また、巨石等を見るにつけ、言うに言われぬ敬虔な気持ちになったりもするのはどうした訳なのであろうか!。

話がそれるが(…蛇足であるが)、更に時代が下った超古代はどうだったのだろうか!
現代に匹敵する文化など無かったのだろうか!
伝えられるオーパーツなど見聞きするにつけ先代文明が核戦争や巨大隕石で滅びた事はなかったのだろうか!
地中深く潜んでいた彼等がその後地上に顔を出しても全て破壊され尽くされてしまっていた訳である。その漸く生き残った人達はまた石を削lり加工して使う事から始めなければなかったのではないか!
安住の地を求めて地球をさまよい…そののち同時期に世界の四大文明が花開いたとしか思えない。
現代では不可能な巨石運搬や積重ね等の技術はそうした時代のものではなかったか!

今般のブログ掲載は、近所に嫁いだ娘から、私が夢中になってピラミッド山や巨石探しをしているのを見て、その経過結果を、同好の方々に知って頂いたら!という事で掲載投稿するよう焚きつけられ、そそのかされた事から始まったものである。
従って、私が今まで見て確認した巨石について、東北のほんの一部であろうけれども、独断であり、偏見もあるかも知れないが、巨石番付(横綱、大関、関脇、小結、前頭、十両、番付外)及び参考掲載!と、させて頂いたものである。
原則として、単体で、地元では名が付けられている巨石・自然祭祀巨石などを対象とした。単なる路傍の大きな石、人為的に加工(爆破・削岩)されたと思われる様な巨石などは極一部例外を除き入れておりませんので為念。
またヒッチコック(これまた古い例えですみません)ではないが、石の大きさを分って頂く為、人物をその比較対照として被写体にさせて頂いているのでご理解下され度。
巨石でなく巨岩と考えられるものは出来る限り省き、掲載しても参考掲載としたが、この辺の分類が問題のある所かもしれない事をお断りして置きたい。
尚、番付評価に当たっては、必ずしも石の大きさに拘らず、不思議さ、不可解さ、感嘆度、歴史謂れ、石の在所位置、信仰対象等々を含め、あくまで私の主観で格付けしている事をご理解賜りたく。
と、言う訳で、番付は関係者のお叱りも覚悟で格付けさせて頂くものである!。

追記:・・・・「石のエネルギーが木の育成を助け・・・・?」、なんて言うとオカルト的と笑われる!
      当たり前だが、石は単なる無機な物体としてか通用しない。しかし、どこにでも見られ
      るこの下の写真の様な石と木の光景は、不思議なパワー?を持った石が木の育成を
      助け共生している様に思えてしょうがないのだ。
      たまたま石があったので、避けて根が張っているだけだってか?
      それが常識なんですよね~~!でも・・・・でもなんです!
大土ケ森 昆布岩
f0125073_6253951.jpg
石峰山頂上にて:磁石をかざすと異常をきたさせる石は木の成長を促進すると言う事はないのだろうか?
f0125073_20583089.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2014-02-15 10:30 | 東北巨石番付


<< =東北巨石番付のブログへようこ...      目次2、私の巨石探しの原点とな... >>