2006年 12月 28日

小結 宮城県角田市西根笠島地区・立石

緩やかな斜面に配置?された如くの立石・群
f0125073_20343637.jpg

f0125073_1216451.jpg

f0125073_2034275.jpg

f0125073_20343082.jpg


角田市笠島の「立石」
羽入の立石から北西320度、約11km地点にある。
地名になっている立石地区の笠島の立石である。起き達磨のような巨石である。
立石の下、右横には、崩壊した上部分が横たわっている。
羽入の立石と同様、これも巨大なイワクラに違いない。
高さ10m、周囲40m程の、この立石は、角田~白石間を結ぶ最短の道筋で、分かれ道には「右白石・左大倉村)と刻まれた寛保3年(1743年)の道標が立っている。
この立石は権現堂の山麓に位置し意味ありげである。

尚、ご参考まで、これについては、右にリンクする「丸森の巨石伝説」を検索してみてください。詳しく載っております。
[PR]

by yo-hamada | 2006-12-28 12:16


<< 小結 福島県二本松市・安達ヶ原笠岩      小結 福島県伊達郡川俣町飯坂花... >>