2006年 12月 28日

小結 福島県二本松市・安達ヶ原笠岩

f0125073_12172590.jpg


安達が原の笠岩!
鬼婆の伝説で名高い安達が原の笠石=ドルメンである。
厚さ2m、横縦5m程のこの巨石をどうやって乗せたのか!
同様に、脇の蛇石と言われているのは厚さが3.5m横5m、縦8m程もある。
この番付で、岩手遠野のドルメンを横綱に上げているが、その事も含めご住職に伺った。
「巨石文化については分かりませんが、大昔、ここは川筋にあって、そこで流れつき堆積したのではないか」とのご返事、流石である。ただ、そうであるなら、近所一帯にその痕跡があってもいいのではないか?と思うが、ここだけ!と言う事である。
近くに阿武隈川があるので、その支流の川はあったと思われるが、巨石が堆積する程の川であったとは考えにくい。また、起伏のある所とは言い難い。
ここにも巨石文明があった!と断定せざるを得ないのである。
[PR]

by yo-hamada | 2006-12-28 12:17


<< 前頭 山形県天童市・雨だれ岩      小結 宮城県角田市西根笠島地区・立石 >>