2006年 12月 28日

十両 宮城県志津川町神行堂山・胎内くぐり岩

f0125073_1236316.jpg

f0125073_1822219.jpg

f0125073_18221718.jpg

神行堂山!なんて、どう見ても曰く有りげの名前である。修行山であったろうと思う。
山裾にある巨大な岩である。巨大さから言えば三役であるが・・・・どうも?
もすこし調べたい!
山形天童市にある「雨だれ石」を連想してしまう。
「この岩は2億年以上も前に形成された岩石から出来ている。地下でに生じたマグマが冷えて固まったものがいくつか突出した」と看板には出ている。
割れたのは落雷による!とあるが、長年による自然のなせる業かも?。
看板がありその岩の割れ目を通るのに、「善人は通れるが悪人は通れない・・・」と書いてある。昔この地方では、社会人の仲間入りの為に、成人になる男女がここで通り抜けをしなければならなかった・・・とも書いてある。多分に戒めの行事であったと思うが、なんと、ほのぼのとする風習!であった事か!

向かって左から登り右から下りるのであるが、私は左は簡単に通れたが右側は危ない所で、ようやく通れたが・・・・・では、もっと、メタボリ症候群のふとっちょは悪人かい!(因みに私は164cm、72kg)
只、坂になっており、挟まったら自力では多分脱出不可能!冗談でやると痛い目に遭う、心してかかるべし!
[PR]

by yo-hamada | 2006-12-28 12:36


<< 十両 福島県飯野町赤岩・明神石      番付外 宮城県丸森町岩岳山・(... >>