巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 28日

十両 岩手県釜石市五葉山千畳敷・畳石(祭壇石)

f0125073_12414070.jpg

f0125073_9204569.jpg

岩手県釜石市、大船渡市、住田町に跨る北上山地の南東部にある霊山五葉山は、高地で最も海に近い1,351mの高峰である。
伊達藩直轄で「御用山」と呼ばれたが五葉松が多い所から現在の呼び名になったと言う。
山の中間点4合目にある、この休憩石の様な、長さ12m、幅1、5m、高さ1m弱の、畳石と呼ばれる巨石は、多分祭壇石であろうかと思われる。岩角山の座禅石を連想させる。
五葉山の代表で畳石を入れたが、後述の未確認の黒岩が素晴らしいという。

酒井勝軍が太古の日本のピラミッドについて提唱し、更に此処に来て、五葉山もそのピラミッドである!と唱えたのである。五葉山山頂には、自然に出来たと思えぬ10数メートルもあろうかと思われる巨石群が天を向いて突き出している。初めは興奮の極みであったが、冷静に見ると、五葉山全体を見渡してピラミッドと言える形もしてない。
頂上の巨石も長年の風雪等で自然に出来なくもない!と思えるのである・・・・が・・・・。
残念ながら、右側の鳥居のある頂上の日の出岩と呼ばれる巨石群しか確認していない。
更に左奥の黒岩と言う所に行った事がない。ここが本当の古代跡がある!と言われてる所らしい。
ネットで調べたら、専門の方が「五葉山の古代遺跡写真を掲載されていた。引用させて頂く。
「五葉山スフィンクス、謎の絵文字、石の加工跡、連続する日の字、そして、縄文期前後に司祭に関係する特殊なコミュニティが存在し、静かで穏やかな文明が保たれていたのではないかと考えている!」との事。
[PR]

by yo-hamada | 2006-12-28 12:41


<< 十両 宮城県丸森町東向山・(仮)重石      参考掲載 山形県上郷村一念峰・... >>