2006年 12月 28日

小結 岩手県奥州市衣川区・磐神社ご神体男石

f0125073_12444297.jpg

f0125073_918872.jpg

延喜式奥州百社の一社で胆沢七社の一つとされ、古代より崇敬された神だそうである。
神社のご神体は社殿でなく、この巨石!である。周囲に巨石はなく此処だけである。
東西10m、南北9m、高さ4.2mの自然石で圧倒される大きさである。
この神社は男石大明神とも言われ近くの女石と合わせた陰陽の二神で、日本武尊と稲葉姫命が祀られている。女石は一寸離れた地区にあるが、その大きさは比較にならない。
本来自然石がご神体であり、社殿は設けない慣わしであったが明治に社殿を作った!と、由緒に記されている。
直ぐ前方に安部館跡があったが、当たり前だろうが、跡地だけであった。
この安部族がこの巨石のご神体をアラバキ神として祀り崇敬した様である。
番付を小結としたが異論があろうか!
                    女石
f0125073_17221877.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2006-12-28 12:44


<< 十両 宮城県栗原市鶯沢南郷松ケ...      前頭 福島県二本松市岩角寺・座禅石 >>