2006年 12月 28日

十両 宮城県栗原市鶯沢南郷松ケ崎・手箱石(通称:サイコロ石)

f0125073_12454616.jpg


栗原郡鴬沢町にある。
夏の盛りにその辺一帯を探すも、この巨石は見つからず、地元の方に聞いても要領を得なかったのであるが、3時間かかってようやく探し当てたと言う石である。
高さ3m、周囲12m、四角のサイコロ石である。
頂上には便座のような窪んだ跡がある。ここで火を炊いた跡=釜跡と言われてるようです。
この上で火を炊いた跡があるが、雨乞いの為ということである。
道路を隔てた脇の山を見上げると、山から崩れ落ちた石に間違いなさそうであるが、大きな看板が出ており由緒などもあるところを見ると、私の偏見かもしれない。
花崗岩だったら素晴らしい一級品と思うが・・・山の石と同じ様で残念である。
[PR]

by yo-hamada | 2006-12-28 12:46


<< 前頭 宮城県石巻市北上町十三浜...      小結 岩手県奥州市衣川区・磐神... >>