2007年 05月 24日

十両 宮城県志津川町入谷・竜石

     二つに割れた巨石・竜石!
f0125073_21313957.jpg

     割れた右側の石の上に乗って!
f0125073_21315441.jpg

志津川町入谷の「ひころの里」の下の集落にある。
行かれる方はひころの里の三叉路から真ん中の道を、300m程下った集落の右側の畑の先の竹薮にあり、見当をつけて探せば一発である。只、私の場合は探し当てたのは3度目の探索であるが。
地元の方に伺って、運がよければ知る方に会えるかもしれない。
ふるさと100選42番目によると、「明治の中頃、県内初のトンネルとして水境峠にフランス人設計の「水境髄道」を造った。このトンネルの石垣に使う石を採っていた時、この大きな花崗岩を割ると石の真ん中に白金色に輝く竜の姿が現われたという。人々は恐れてこの石をトンネルに使う事を止めたという。」
この巨石が竜石の謂れである。
竜である筈はないと思うが、工事を止めたり理由はきっと何らかの光輝く現象があったに違いない。古代の伝説ではない。このような巨石だけなら至る所にあるが、近代明治の中頃の話である故に敢えて取り上げた。
尚、この巨石の坂を上り三叉路を左折し、暫らく行くと、このブログにある「重ね石(続き石)」や更に奥の神行堂山の「巨石(体内くぐり岩)」を見ることが出来る。むしろそちらの方が見応えがある。
[PR]

by yo-hamada | 2007-05-24 21:30


<< 大関 岩手県奥州市胆沢愛宕・愛...      前頭 宮城県気仙沼市赤石上羽田... >>