巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 01日

大関 岩手県東磐井郡大東町続石山大原寺跡・続石

水沢から陸前高田に向かう国道343号線に大東町があるが、街中を左に入ると、旧商業高校跡地、現中学校に出る。その左端に在る。
名称は「続石山大原寺跡・続石」である。
民家の庭に大原神社(古峰神社碑)があるが、その前にある。

                前から
f0125073_8315178.jpg

               右横後から
f0125073_8321458.jpg

                      後から                
f0125073_1212222.jpg
                    
続石は見事な二段重ねの巨石である。凄い!
そこの空間だけ巨石群になっている。近所回りにそんな巨石はない。
何時もの疑問であるが、どこの誰が、何時、どうやって、何の為に、これを作ったのか?
続石の裏側に回って見ると、写真では、上に載せられた石は、いかにも落ちそうな感じであるが、がっちり乗っているのでそんな心配もなさそうである。
この続石の周囲には、亀石?や舟石?と思われるものもあるが夫々が皆巨大である。
暫らく、登ったり降りたり、回ったり、興奮のしっ放しで、見落としがあるようでなかなか離れがたい。
この巨石の謂れや積重ねられた意味などを、地元、郷土史研究家の方のご意見を伺いたいと思っている。
私としての番付格付けは、当然三役である。巨石ファンなら必見である。
ついでだが、343号線を水沢方面に少し戻り、左に折れると456号線に入るが7~8kmも行くと千厩に出るので、このブログにある夫婦石や重箱石にご対面できる。是非回って見られる事をお勧めする。
[PR]

by yo-hamada | 2007-06-01 08:19


<< 番付外 山形県面白山紅葉川渓谷・鯨石      大関 岩手県奥州市胆沢愛宕・愛... >>