巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 17日

前頭 岩手県平泉町髢石・髢石(かつら石)

                  道路正面からの「かつら石」
f0125073_821984.jpg
           巨大なかつら石である。幅10m、横5m、高さ7m程もあろうか!
前に流れる太田川と道路の建設中に巨石の一部が歩道にあたり、下部が切り取られたとおぼしき跡があったが残念である。なぜ髢石と呼ぶのか!その謂れ等を、平泉町観光課殿に教えて頂いた。
「毛越寺から達谷窟に向う道路沿いに悪路王(…ここに悪路王伝説がある)が手下と住んでいて、美しい娘がいるとさらって来た。娘の中には逃げ出した者もいたが、直ぐ捉えられ、見せしめとして首を切り落とされ、太田川に捨てられた。首は下流の大きな岩に流れつき髪の毛を絡ませたという。この岩に娘達の沢山の髪が“かつら”の様にまつわりつき、それでこの巨石を「かつら石」と呼ぶようになった」との事である。
更に、かつら石の7~8m程のうしろに(山側)に、つる草で覆われているが、見事な、凡そ各5m幅で高さが6~7m程もある三角形のメンヒルが単独で立っている。
つる草がとれたら見事であろう!
                       三角形状のメンヒル
f0125073_11515370.jpg

かつら石は、国道342号線一の関方面から、道の駅「厳美渓」を100m程行って右折、県道31号線に入る。
3km程行くと巨大岩山を彫って絶壁に埋め込まれた様にして建立された平泉の一つの名所遺跡「達谷窟毘沙門堂」がある。
f0125073_11564171.jpg
そこから約1kmの道路沿いに巨大な「髢石」(かつら石)があり、脇にはその看板が立っている。
勿論私みたいに、車から降りて写真を撮る人は皆無であるが、厳美渓を見て、中尊寺や毛越寺に回る途中にスピードを落としてこの髢石を見て行く人は多い。
f0125073_11561129.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2007-10-17 11:48


<< 参考掲載 岩手県一の関須川高原...      十両 福島県伊達郡国見町・弁慶の硯石 >>