2007年 10月 30日

十両 山形県長井市伊佐沢大石・博打石

半円形の分厚い博打石。下部半分が断ち割られているかのよう!寺の後ろの山を登っても藪でなかなか探せない。
300m?程探し登っている内、突然、舗装された道路に出たが、道路を隔てた目の前に巨石が見えこれが博打石であった。
既に看板は錆びて根元から折れていたが手で持って写真を撮った。
博打石とはこの上で博打をしたからとあるが、こんな山の中で誰が?山賊か!供養に来た人を襲ったのか?そんな程度でしかなかったのか!
博打石というのは結構各地にあるが、博打は本来、祭礼の時に神様の意思などをお尋ねする為に利用されたものである。子供が弓を討って豊作かどうか占うもの等と同様である。この下には洞雲寺や象石があり、祭りごとに利用されたか、そんな関係が指摘されようと言うもので、これが本来の由来・謂れなのではあるまいか
f0125073_12333653.jpg

f0125073_1234619.jpg

113号線から、伊佐沢大石「象石」の洞雲寺に向う。
このブログで大関に番付した「象石」洞雲寺の山上に位置する博打石である。
                          象石
f0125073_12365494.jpg


博打石は半円形の分厚い肉厚で、下部半分をスパッと斜めに断ち割った様だ。
スケールは小さいが、茨城県十王の堅破山の巨大太刀割石に似て無くもない。
f0125073_643492.jpg

藪の山を下山せず、歩いて帰れるが3km弱もあり、勿論、象石の洞雲寺から右折し最初から車で来た方が賢明である。
[PR]

by yo-hamada | 2007-10-30 12:00


<< 参考掲載 山形県南陽市金山・鬼面石      番付外 山形県白鷹町と山形市と... >>