2007年 11月 24日

小結 福島県伊達郡川俣町葛尾五十人山・五十人石

6号線双葉から288号線で郡山方面に向かう。
途中、都路から399号線に右折し、葛尾村(写真から)を左折し五十人山に着く。
f0125073_10133652.jpg

                    五十人山巨石
f0125073_1114254.jpg

f0125073_101417100.jpg

f0125073_10143950.jpg

                     五十人山の頂上広場
f0125073_1015827.jpg

883mの五十人山の由来は、またあの坂上田村麻呂である。
彼が蝦夷平定の折、山頂に侍従50人を座らせ戦略を練ったと伝えられている。
(ほんとかいな?高さ800m以上、麓から徒歩2、6kmもあるこの山の上で、岩場に50人集めて戦略ですかね!こんな所で戦ったとも言われてないようですが・・・・。)
その後、大同年間の頃に弘法大師も奥州巡教の際、五十人石に延命地蔵を刻み、多くの桜児の冥福を祈り、里人に仏の道を説き、薬草せんぶりを病人に与えたと伝えられている。
どうしてこういう伝説が残るのだろうか?不思議である。
[PR]

by yo-hamada | 2007-11-24 10:15


<< 関脇 福島県安達郡安達町七石山...      十両 福島県伊達郡川俣町山木屋... >>