巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 19日

参考掲載 福島県郡山市西田町鹿島神社・巨大ペグマタイト

三春駅から28号線で西田町3丁目に向かい、約1km程行って116号線を右折し、2、5km程で鹿島大神宮に着く。前が駐車場となっている。
f0125073_1150068.jpg

社務所周りにペグマタイト(マグマ大使と覚える)が点在している。階段を登ると神社の左手に見事な、国指定天然記念物の巨大ペグマタイト岩脈が見える。
f0125073_11502597.jpg

                露出した巨大ペグマタイト
f0125073_11504414.jpg

f0125073_11524521.jpg

ペグマタイトとは、「巨晶花崗岩」とも呼ばれている様に花崗岩質で石英、長石を主成分とした大きな結晶の集合した岩石の事である。
阿武隈山地に沿って形成されており、丸森大張~霊山~川俣~東和~塙~・・・~久慈・高岡など140kmも帯状に連なっているということであった。
岩脈は本来地下に埋もれているが、1億年昔に隆起して露出したといわれている。
光学レンズや陶磁器など工業用の原料となるため、ペグマタイトの大産出地であったが採掘されつくされて、「…今は約14,000トンと推定される量が保存されている。これでも大変珍しい事である!また「露出している面の延長は約40m、幅14mに及び地下10mまではこの岩石があると推定される!…」とある。
また鹿島大神宮には県内最古の絵馬「神馬図」(市指定重要有形民族文化財)が保存されている。是非御覧頂き度。
[PR]

by yo-hamada | 2008-01-19 11:40


<< 前頭 福島県小高町金谷:八丈石      参考掲載 福島県川俣町&月館町... >>