巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 02日

参考掲載 福島県いわき市小川町桐ケ岡:丑の倉巨石

福島県いわき市の国道399号線と41号線が川内でドッキングする。399号線はそのまま川内から右折北上する。丑の倉は間もなくである。町内で、柴原神社(大山祇神社)の場所を聞かれた方が無難かと思われる。その神社が出てくる手前から入るのであるが、先ず、そこに至る手前に「月山道と駐車場」の方向標柱があるので、月山道を行き、すぐ、「直進桐ケ岡林道、右折柴原谷下」の案内看板が見えてくる。この辺が桐ケ岡の丑の倉という地名である。そこで、この柴原谷下方に右折し700mほど砂利林道を走ると見えてくる。          林道から左の山に入る。
f0125073_9545763.jpg

50m程山に登ると本命のこの丑の倉大石である。巨大である!
いわき市差塩の宇宙石(このブログでも番付けがある。)の次くらいだろうか!
f0125073_9554216.jpg

f0125073_956239.jpg

巨石全体に、ロッククライミングの練習の為か、至る所に釘が刺してあり痛々しい。
殆んど3役級の巨石である。
[PR]

by yo-hamada | 2008-03-02 09:53
2008年 03月 02日

参考掲載 福島県いわき市三和町一本山:宇宙石

常磐自動車道と並行して走る国道66号線の差塩(さいそ)の一本山667、6mの頂上にある。
入り口は66号線から、自動車道の下、No17のトンネルを潜り、その儘、山の坂道を直進する。
登り詰めると、牧草地帯が広がり、右手奥に巨石(巨岩):宇宙石が見えてくる。
                    牧草地管理棟周辺
f0125073_952141.jpg

                    宇宙石の呼び名に恥じない威容さ!
f0125073_9521830.jpg

f0125073_17245139.jpg
f0125073_17253469.jpg
宇宙石は牧場の中にあり、その巨大さはこの番付け最大であり見事である。
成る程、つけられた名前の通り宇宙石と呼ぶに相応しい威容さである。ただ番付けからは外した。
牧場開墾時、この巨石の周りを掘っても掘っても掘りきれなかった!という。
雪解けを待って登られるか、5月時、牧草が絨毯となって敷き詰められた頃は最高であろう。
牧場管理の方が嘆いておられたが、言うまでもない事で、空き缶・瓶の投げ捨てや牧場への車の乗り入れ禁止のマナーは当然ながら厳守したい。結構見に来られてる方が多い。

ブログ訪問者の九里恵子さんからコメントを寄せて頂きました。
≪宇宙石に行ってきました。巨岩上に2~3cm幅の白い線が見えます。
交差しているのもありますが、一本の白線は、岩の中央部分を両端まで
貫いており、春分、秋分の日には、朝日が白線上を昇るという話もあるとか。
また、岩の側面中央には、ひさしのような突き出た岩の下に、どう見ても
男の人に見える、人型が浮き出ています。≫・・・・・と、
[PR]

by yo-hamada | 2008-03-02 09:50
2008年 03月 02日

参考掲載 福島県いわき市小川町二ツ箭山(ふたつや山): 男岩、女岩(通称男体山、女体山)

あくまで参考掲載としたもので、巨岩として御覧頂きたい。
国道399号線沿い川内から入ると立派な駐車場がある。登山道標柱も直ぐ分る。標高710mの頂上にある二つの巨岩である。
国道399号線の下からも男岩(男体山)女岩(女体山)が見る事が出来、その巨大さが分る。
ここでは、岩を何故か山という呼び方をする。それ程大きいという事であろうか!
f0125073_9464331.jpg

ここからの登りは沢コースと尾根コースがある。又別ルートで月山コースもある。
登りはゆっくりで1時間半弱というところか!急な所は、鎖やロープが取り付けられている。途中のイワクラの大きさに感動である。
登りの手前が男体山でその奥が女体山である。この男体山の写真は女体山から撮って頂いたもの。
                       男体山
f0125073_9473251.jpg

                       女体山
f0125073_948893.jpg

女体山の登りは容易である。しかし、男体山に登るには鎖とロープが取り付けられているが、10m程の高さで、角度は70~80度、ほぼ垂直の感じで容易ではない。登るより降りるが心配である。
腕力に自信が無い方や、高所に恐怖を感じる方はお勧めできない。女体山から眺めるだけで充分である。そこから見える月山コース方面の中国の墨絵の様な巨岩が素晴らしい。
f0125073_9484068.jpg

下山は、登ってきたコースでなく、殆んどの方がこの月山コースの尾根沿いを下りられるようである。
[PR]

by yo-hamada | 2008-03-02 09:41