<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 05日

前頭 山形県山形市大字山寺立石寺:対面石

面白山から流れ出る紅葉川と二口峠からの立石川が合流して立谷川となり、宝珠山の南麓を東西に流れている。
山寺駅から歩いて5、6分で宝珠橋に至る。宝珠橋のたもとに巨石「対面石」がある。
            対面石の上に乗った私と比較してください。巨大さが分かろうと言うものです。
f0125073_15503498.jpg
 
            横から         
f0125073_15505195.jpg

            後(道路側)から         
f0125073_1551894.jpg

これは、慈覚大師が立石寺を開山するにあたって、この地を支配していたマタギの頭領盤司磐三郎がここ宝珠山を住処としており、対面し寺院建立の了解を得たところと伝えられている。磐三郎はその後殺生をやめ、慈覚大師に全山を明渡したと伝説のある岩である!とある。
[PR]

by yo-hamada | 2008-05-05 15:45
2008年 05月 05日

前頭 山形県東置賜郡高畠町竹の森:野手倉大石と参考「高岩」

高畠町野手倉の伊達政宗(儀山公)墓の直ぐ近くである。この巨石群は道路からも見る事が出来る。
民家の脇や裏に無造作にある。
                 民家庭先の大石
f0125073_15381337.jpg

                 山頂付近の巨石
頂上付近右手にはこの巨石があり、私の評価は充分三役クラスである。           
f0125073_15391749.jpg

     参考掲載!愛される高岩(年配の方は高山と呼ぶ!私の小さい事)         
f0125073_15401667.jpg

しかし、地元の皆さん方が昔から遊び、慣れ親しんできた山の左側中腹50m程にあるこの高岩の方を、通称高山と呼び評価しているようだ。天辺は成る程、弁当持ちで連れ合い酒など飲み交わすも可能な平らな所もあり、忙しい合間の憩いの場でもあっただろうと推測できる。低い所だが下界を見下ろすにはいい場所である。写真は葡萄棚を見に来た方に撮って頂いた。
[PR]

by yo-hamada | 2008-05-05 15:36
2008年 05月 05日

前頭 岩手県東和町丹内山神社:アラハバキ大神の巨石(胎内石)

北上から283号線~456号線~284号線の1㎞地点から丹内山が見える。
ここは、晴山駅より南東に約3km、田瀬ダムに向かう途中の道路北側、谷内地区にある。
神社は主要道路より約400mほど入るが、案内板に従えば容易である。
神社は3段に分れ上段から順に降りて来て参拝するようになっている。
本殿裏にこの巨石(胎内潜り)がある。アラハバキ大神の巨石(胎内石)である。

        巨石が写真では小さく見えてるが、私と比較して頂きたい。巨大さが分かろうかと思う。
f0125073_1532268.jpg
f0125073_15324347.jpg

                胎内          
f0125073_1533667.jpg

                本殿裏にある。         
f0125073_15332710.jpg

この神社の七不思議は次の通りであるので、時期になったら暇な方は、確認されたら如何。①本殿障子の唐獅子を舐めると居眠りしない ②建物にツララが下がらない ③この石だけには雪が積もらない ④手水鉢の水が乾かない ⑤境内に竹が生えない ⑥銀杏の葉が境内の外に飛ばない ⑦老杉の木に桐の木が生えた!・・・運転中眠らないように廊下の突き当たりの扉を舐めたが苦かった。

付け加えるが、ここ東和の丹内山が見える田んぼの一角ここだけに、無数の巨石が田の畦に転がされてあった。200mも離れた道路からも目にすることが出来るほど大きい石・石・石である。
f0125073_1639469.jpg
f0125073_16393366.jpg
f0125073_16395016.jpg

土地改良中に掘り出されたというが、ストンサークルがあったのではないか!と思われるのであるが。
地元の方に伺うと、それ程のものとは考えなかったけれどな~!と、無関心であった。
[PR]

by yo-hamada | 2008-05-05 15:31
2008年 05月 05日

十両:岩手県東和町立石神社・雨乞い石

東和町は有数の伝統文化の宝庫であり、伝承活動も活発である。
五穀豊穣に因んだ「立石百姓踊り」の伝承は伝統が息づいている。
この例祭がこの立石神社で行われている。
神社前に雨乞いの為の巨石がある。通称「雨乞い石」である。
f0125073_15234590.jpg

神社境内には、13社の個人持ち込みの社があり、皆さんで祀っている。
石鳥居には、カエル、蝉、トンボ、が彫刻されていて私も始めてであるが極めて珍しいものである。
神社管理総代に教えて頂いたが、収穫の時期の夏秋の虫を鳥居に彫って願いを託したものである!との事。
                   カエル
f0125073_15143529.jpg

                   蝉 
f0125073_15201016.jpg

                   トンボ
f0125073_15192285.jpg

成る程この東和町には40の神社があるという。
山岳信仰から育まれた信仰に篤い土地である。!
[PR]

by yo-hamada | 2008-05-05 15:09