<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

前頭 宮城県伊具郡丸森町筆甫:経石

丸森町筆甫は不動尊公園の巨石の脇を通過し奥に入る。結構遠いよ!
森のレストランの看板が出てきたらその20m先を右折する。400mばかり行くと山の麓の左側に見えてくる。巨大経石である。
f0125073_2061954.jpg
f0125073_2073264.jpg

伝説看板に「旅の行脚僧が立ち寄り、引き止められたが、お経は大石に伝えおくので、聞きたくなったら大石に耳を当てれば聞こえる!と言って立ち去った。その後大石に耳を当てると念仏の音が聞こえるのでびっくりした」とある。私もやってみたが聞こえなかった。普通の方は一応やってみる。やらない人は、ジッとやせ我慢しているプライドのある常識人だと思う。それからまた、どちらかというと馬鹿に近い人がこのように、高い所に上りたがる。経石の脇の木から巨石によじ登ってみれば、山神様など祠が3つあった。
f0125073_2085173.jpg
f0125073_2010252.jpg

平松経石保存会が整備管理しておられる。梯子を掛けて置いて頂ければ有り難い。(経石だけに罰当りだってか!でも祠があるからお参りするんだろ?)

これについては、「丸森の巨石伝説」を検索してみてください。詳しく載っており楽しめます。
[PR]

by yo-hamada | 2008-07-30 20:04
2008年 07月 30日

参考掲載 岩手県遠野市綾織町新里:羽黒岩

遠野道の駅の左前の山である。道の駅を出て、直ぐ民家に入るように右折する。
道なりに進むと、大きな下駄の標柱がある。
f0125073_19562935.jpg
此処から登る。出来れば道の駅に車を置いてきた方がいい。羽黒岩と矢立松と下駄が関係する伝説があるが略す。400m程歩くと左奥手に二つの巨大な立石が見えてくる。
f0125073_19572810.jpg

f0125073_16463472.jpg

9mの高さがあると書かれている。羽黒権現様が祀られている事から、羽黒山伏達による矢立の行事などが行われていた所であるという。
f0125073_16472040.jpg
                     笠石かドルメンか!
f0125073_6264493.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2008-07-30 19:53
2008年 07月 30日

前頭 宮城県角田市東根平賀:蛇山の組石

槻木から28号線を走り、この看板の手前の一番前の家の裏山にある。
f0125073_19503580.jpg
f0125073_1951834.jpg
民家なので許可を得ること。竹薮を30m程登ります。平らな敷石の上に3個の石が並び、その上に巨石が乗っている。明らかに人工である。巨石は1、8mもあろうか!3個の支柱石は1m弱である。
奥に二つの石が並んであるが、意図されたものであろうか?
f0125073_19515320.jpg
f0125073_19522635.jpg
f0125073_19525340.jpg
敷石はもう少し掘れば明らかになるだろう。石組と言うより、ドルメンではないか!急斜面にどの様にして運び上げ、何の為に造られた物か!葉が落ちてから再度調査したい。
もしかしたら、三役入りするかもしれない。

尚、ご参考まで、これについては、別に「丸森の巨石伝説」を検索してみてください。詳しく載っております。
[PR]

by yo-hamada | 2008-07-30 19:48
2008年 07月 07日

前頭 青森県十和田市奥瀬 石ケ戸

十和田湖奥入瀬渓流の巨石「石ヶ戸」である。
奥入瀬渓流とは、湖の子ノ口から焼山に至る間の約14kmの渓流美と千変万化の水の流れを指す。
さて、ケとは、この地方の方言で小屋を意味する。従って、石ケ戸とは、石で出来た小屋いわゆる「岩屋」を意味する。
f0125073_20305082.jpg
f0125073_20315060.jpg

看板には岩がカツラの巨木に支えられて岩小屋に見える!と書いてある・・・・が、中に入ると巨石が巨石に寄りかかっている。
f0125073_2033137.jpg

不思議なパワー?を持った巨石が、逆に木の育成を助けている様に思えてしょうがない。ここからすぐ近くには、大湯のストンサークルそして、人工の山、UFOの見られる山「クロマンタ山」(黒又山)がある。
勿論、キリストがここで亡くなったと言われる新郷村も遠くはない。
石ヶ戸は、栄えた十和田古代文明が噴火と共に消えてしまい、此処だけが残った古代人の住居跡の果てだったのではないだろうか!等、人が聞いたら眼を剥く発想が浮かんでくる。
周りの石は丸いが、何故石ケ戸の石一個だけが平らなのであろうか。この発想こそが謎解きのキーなのであるが・・・・・。
f0125073_2034667.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2008-07-07 20:29
2008年 07月 07日

参考掲載 青森県南津軽郡大鰐町 石の塔

青森県の津軽地方南部、大鰐の「石の塔」である。
大鰐町から15km山奥にある!と、でかい看板が出ている。それにしても立派な看板である。
f0125073_20265268.jpg
スキー場の右手、弘前南高校の前を山に向かい、途中の早瀬野ダム堤防を渡れば、あと8、5km奥である。ここ鳥居脇が駐車場であるが、
f0125073_16431552.jpg
更に鳥居から30m程行って、右手の堰を渡り、車をぎりぎり入り込むまで登り突き当たったら、あとは、七曲がりならぬ、くねくねの山道を歩いて登る。
・・・(数えたが)24曲がりで登る事が出来る。ほんの200m位である。!
成る程、石の塔は、巨大な岩であった。
そう言えば、鳥居前の看板には「・・・石の塔見ねで大ぎいごど言うな・・・」と書いてあった。
f0125073_20273578.jpg
f0125073_20275311.jpg
f0125073_20281671.jpg
f0125073_20283453.jpg

古くから「石の塔薬師」として信仰の対象となってきた所と言う。
看板には、高さ約24m、周囲約74mもある巨大な塔であると書いてある。
当然ながら古代には、神が降臨した巨石あるいは神自身と崇められて来た事だろう!
巨石の下には久須志神社が祀られている。神仏混淆のようだ。
巨岩は、番付けでは、巨石にそぐわないので、参考掲載とする。
[PR]

by yo-hamada | 2008-07-07 20:25