<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 11日

前頭 福島県猪苗代町土田 玄翁石(げんのうせき)

ネットで見つけた巨石です。猪苗代町磐越西線翁島駅から7号線で西へ1,3km行くと右カーブする所にでる。此処倉庫のような所を右折する。
f0125073_19131928.jpg
右折し100m行くと十字路に出るので左折し砂利道に入る。
f0125073_19135116.jpg
砂利道を150m行くと二股に分かれるがその左側に、入り口となる「玄翁石」の案内標柱であっただろう杭が立っている。手前は墓所である。
f0125073_19142092.jpg

7号線から此処まで直線で見れば約100m程だが墓所は7号線からなだらかな斜面で続いている。
万一7号線から入り口を探していて墓所を見つけたら玄翁石はこの上50m地点の左側にあるので回り道をすればよい。地元の方に「玄翁石」を聞いたら一発で分かったが少し込入った場所にあるのでくどく書いた。
この脇の左手奥50m程入った所に玄翁石がある。
山形県の南陽の象石を一瞬連想したが、よく見ればそれはないな。
那須の殺生石に掛かる玄翁和尚の一喝で此処に飛んで来たという伝説があり(地元での名付けもあり)、意外なほどに巨石であり、こんな所に!という驚きもあり前頭に番付けした。。まさか那須山の噴火による飛来に伴う伝説では無いと思うが、もしかすると磐梯山の噴火で飛んで来た石に掛かる伝説が化けたか!と思うが要確認。
f0125073_19155399.jpg

f0125073_191664.jpg
f0125073_19162160.jpg

裏から見ると階段状になっている。
f0125073_19165467.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-06-11 19:11
2009年 06月 11日

前頭 山形県最上郡戸沢村角川字長倉 今神石

舟形から庄内町に向かう鶴岡街道の途中、戸沢村船番所古口から57号線を左折し、暫く行くとGSが出て来るので右折し、角川の1200年前に開場した今神温泉を目指し、12km行くとその温泉の入り口に大きく立つ。見事な巨石である。巨大さは三役でもおかしくない。ただ神秘性が薄い。とは言え名前が「今神・」とはどういう事だろう!
f0125073_18595873.jpg

f0125073_190152.jpg
f0125073_190315.jpg

こうした祭壇石など置いてるので残念ながら逆に神秘性にも欠けてしまう。何時の時代の落石なのだろうか!
f0125073_1984478.jpg
手前と奥にひなびたこれこそ秘境今神温泉がある。窓に打ち付けてあるのは雪囲いの為であろう。行った時はまだ閉鎖中であった。
f0125073_1910881.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-06-11 18:58
2009年 06月 11日

番付外 山形県真室川町釜淵 お化け石(十字石)

奥羽本線真室川駅前から35号線で北上し、釜淵駅を一寸過ぎ右折し、直ぐ中田方面に向かうと広く立派な道路脇右側にある。
f0125073_184719100.jpg

江戸時代、東北に900人ほどいたといわれるキリシタンに掛かる伝説の一つで、十字の痕もある。
f0125073_18475138.jpg

f0125073_18572327.jpg

ここ銀山から逃げて殺された女性の信者の伝説にまつわる石である。
刀で切りつけられた痕が残っている。
f0125073_1857367.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-06-11 18:46
2009年 06月 11日

十両 山形県尾花沢市萩袋 躍龍石

尾花沢市荻袋の道路沿いにある。酒井建設株式会社様の脇にあり看板も出ている。道路標識は直進新庄、左折13号大石田とある。
f0125073_1840960.jpg

元々高さ4,5m、根回り2,9mもあり、根の化石で龍が踊っている形から躍龍石と名付けられたという。
巨石ではないがこの番付で唯一の化石であり取り上げた。
元々は巨石であったが、明治天皇が巡行される際に12km離れた玉野村から運ばれたが、戦後の混乱期に放置されたままでその後小さくして台座に載せられたとある。
敬意を表し巨石の番付にいれ、一応十両とする。明治天皇も触ったので、触る所は大体同じであると思うので私も同じ所(だろう所)を触ってみた・・・冷たかった。でも敬虔な気持ちがしてえがったず~。
完全な木の化石である。
f0125073_184106.jpg

f0125073_18411678.jpg
上から中を覗き込むと空洞のまま化石になっていた。どの位前のであろうか!世界最大の秋田埋没林は25,000年前というが木片は生々しくまだ昨日埋められた如く生きた感じであるが、躍龍石はメノウのような、大理石のような感じで硬かった。木もこうなるのだ!。
f0125073_21193963.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-06-11 18:38