<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 01日

小結 福島県石川町・石都々古和気神社:巨石群

石川町役場の隣にある。山は通称八幡山と言われ、山に神社名「いわつつこわきじんじゃ」が祀られている。
陸奥一の宮の八幡宮である。由緒等省くが鳥居前にはその看板が立てられている。
本来単体の巨石を番付しているのであるが、例外として、巨石群として、既述の岩角山巨石群とこの巨石群を格付させて頂いた。
今回石都々古和気神社は3度目なのだが各々の巨石に看板も立てられて整備され従来に増して楽しく見る事が出来た。
                      天狗岩
f0125073_17473182.jpg

                      屏風岩
f0125073_17475834.jpg

f0125073_17481914.jpg

                      石門(右)
f0125073_17485942.jpg

                      石門(左)
f0125073_17494331.jpg

                      船形石
f0125073_17501292.jpg

                      神籬(ひもろぎ)岩
f0125073_17504389.jpg

                      亀石
f0125073_17531982.jpg

f0125073_189362.jpg

                      勾玉石
f0125073_17515547.jpg

                      剣石
f0125073_17541269.jpg

                      鏡石
f0125073_17544177.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-11-01 17:46
2009年 11月 01日

前頭 岩手県奥州市江刺区伊手字下朝倉253番地:大石

水沢市から江刺に向かう。4号線から国道397号線に折れ三陸海岸に向かう。途中397号線に枝分かれするがそのまま直進する。10kmほど行くと信号機がある。その右脇に伊手産直源休館店がある。
右手に折れると既に巨石番付した「源休館」があるが、この大石は左に折れ兎に角道なりに行く。
少し走るとこの景色に出会う。
f0125073_17391358.jpg

その赤いトタン屋根の作業小屋の手前から入る。地主さんの家である。
f0125073_17393237.jpg

この大石の地主の方の家で先ず許可を得て頂きたい。左手の松の木が見える所に大石はある。
直線で道路から50~60m位離れている。
大石も大石、全体像がつかめない!格付けしようにも全体が把握出来ないでいる。ともあれ前頭とする。
遠くからはこんもりした上だけしか見えない。周りは草むらで降りれば一部の面しか見えない。 
周りの草薮を刈り取って頂くしかない。かつては、ブルで刈り取ったが余りにも巨大で凄かったという。
この石を探すのに地元の90歳位のお婆さんに伺ったが、「その直ぐそこにある赤い屋根の見える所から入るとあるよ!子供の頃学校の遠足で行ったよ。上には200人くらい乗った」と教えて頂いた。
伊手観光開発協会の案内板には、「・・・古くから旱魃になると、地元住民等がこの石の上に集い、笛を吹き、太古を打ち鳴らして雨乞いをした。そのたびに必ず雨が降り、住民を喜ばせていたという。住民は社を建て大石神社と名付け信仰を深くしている・・・」とある。
f0125073_1741748.jpg

八幡太郎義家と大石伝説がある。「この大石脇にある女石は10m×11mの普通の石なれど、男石は、東西14間(25m)南北10間(18m)、畳み103枚をを敷く事を得る所謂「大石」として地方の珍物なり・・・」とある。
風土記にも載っているとの事。
f0125073_17395563.jpg

f0125073_174084.jpg
f0125073_1872498.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-11-01 17:35
2009年 11月 01日

前頭 福島県二本松市郭内3丁目:戒石(碑)

二本松城右手脇に国指定の二本松藩戒石銘碑がある。
見事な巨石であり、後ろの山斜面を広げれば全体像が出てくるのだろうが現在も昔のまま前面だけである。
余りにも周りに手が加えられている為神秘性はないが巨大さは十分である。
寛延年(1,749年)藩主により藩士登城の際その戒めとする為に彫らせたというものである。
                    正面から
f0125073_17325374.jpg

                    右側から
f0125073_1733972.jpg

                    左側から,後ろ半分が隠れている。土を取って見てみたいものだ。
f0125073_17332320.jpg

因みに彫られている内容は、「お前のいただく俸禄は人民の汗であり脂(あぶら)である。下民は虐げやすいが上天をあざむくことはできない」の意の文が彫られている。(ウィキペディアより)。行政の規範になっている。
f0125073_4165211.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-11-01 17:25
2009年 11月 01日

番付外 宮城県栗原氏鬼死骸村:鬼石

地図上の東北道金成PAの下を潜り盛岡方面に進むと、左に182号線が出てくる。
国道4号線だが少し行くとバス停「福光園前」の斜め前の道路を右折し、1km程行くと左側の山下の田んぼにある。
f0125073_17215543.jpg

坂上田村麻呂の軍が討ち取った大武丸の死骸を埋め、その死骸の上に置いたと言われる巨石なのである。
しかしどうやって運び乗せる事が出来たのか!
f0125073_17223045.jpg
f0125073_17224730.jpg

左手の線路を跨いだ山には鹿島神社がある。
f0125073_17231531.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2009-11-01 17:20
2009年 11月 01日

番付外  福島県伊達市保原区大字保原丹露盤高子:丹露盤

阿武隈急行高子駅から目の前の高子岡館跡の頂上にある。
f0125073_17161580.jpg

伊達家発祥に地でこんもりとした小丘で北西側は断崖である。
頂上前には八幡宮が祀られている。
頂上になんでこんなに巨石が集まっているのか!人為的なものか!
f0125073_1716392.jpg
f0125073_17165427.jpg
f0125073_17171077.jpg

城の上ゆえこの巨石を運んで積み上げたものか!だとしても意外に無造作である。自然のままであろうか!
[PR]

by yo-hamada | 2009-11-01 17:12