巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 13日

小結 岩手県花巻市浮田町毒沢南:蝙蝠岩(コウモリ岩)巨石群 

釜石街道283号線から東和456号線に右折し4,5km程走ると284号線と交差するがそのまま直進し0,8km進むと右手に「冠山 蝙蝠岩 弘法大師霊場」の看板が出てくる。
f0125073_1756370.jpg
f0125073_17561869.jpg

低山であるが冠山全山が霊場の様である。鳥居の左脇には「霊場の湯」の小屋が巨石の下に作られている。
支柱に支えられたような巨石のドルメン笠の下には太子堂が安置され、大日如来、不動明王、弘法大師像が祀られている。
巨大過ぎて全体像を撮る事が出来ないので分割した。
f0125073_17564038.jpg
さらに上に行くと、名前が付けられているのかは不明であるが、この写真の亀石や立石等超弩級の巨石がある。
                     亀石か舟石か!
f0125073_17572781.jpg
 
                     立石
f0125073_17571320.jpg

苔むしているので巨石の上に上がるのは怖い。地も巨石であり滑れば大怪我間違いない。
10万分の1の地図を見てもこの「蝙蝠岩」(コウモリ岩)は掲載されていないのであるが、ここから直線で10km北にある花見石地区には全く同じ「蝙蝠岩」が掲載されている。初めは地図の掲載ミスと思ったのであるが、探している内、花見地区の蝙蝠岩は山中の沢沿いに実際にあり、地元の方々には行けないから止めた方がいい!と言われたものである。さすれば本物の蝙蝠岩は更に凄いものであろうと想像されるのであるが…。
巨石ファンには、この弘法大師霊場の巨石を御覧頂く事をお勧めする。
[PR]

by yo-hamada | 2010-04-13 17:55
2010年 04月 13日

十両 岩手県花巻市東和町花見石留ケ森:博打石

釜石街道283号線から東和で43号線に左折し5km程走ると、右手ガードレールの終わりの支柱が50~60cmほど太くカバーされているのが見えて来るがそこから右折し、
f0125073_175326100.jpg
500m行くと左に民家がありその家の裏山の麓にある。
f0125073_17534225.jpg

本来花見石峠の「蝙蝠石」を探しに来たのであるが、その峠の裏側に行こうと思い廻る途中に、ここの集落の方15名ほどの皆さん方が道路で車座になって集会を開いている所に出くわし、この博打石を教えて頂いたものである。
この地図に載っている「蝙蝠岩」をお尋ねしたが、これには皆さん、「藪と雑木でまず行けるものではない!」と教えて頂いた。
博打石は家の庭先を通るのでお断わりして見せて頂く。
第二次世界大戦の時は空襲から家財等を守る為この巨石「博打石」の穴に隠したとご主人は教えてくれた。
この博打石は横になっているが右には直立した巨石が立っている。巨大である。
f0125073_17541184.jpg

f0125073_17542456.jpg
も少し山側にも巨石があり、祠を立てて祀ってあった。
尚、博打石と言うのはあちこちにあるが、ここで博打をした!と言う事ではなく、村落の方々が、ここで吉凶占いや豊作になるかの占いをした場所と言う事で捉えるべきである。稚児が弓を放って今年の豊作を占う行事と同じものと思えばよい。
[PR]

by yo-hamada | 2010-04-13 17:52
2010年 04月 10日

関脇 福島県二本松市夏刈白髭宿:白髭八景石(群)

福島県二本松349号線の道の駅「ふくしま東和」から南下、ⅠKmちょいから白髭宿場町に右折すると26戸の集落に出る。
f0125073_18165850.jpg
f0125073_18171592.jpg


巨石の一つ二十三夜塔(二本松指定有形民俗文化財)の看板には、「白髭宿は奥州相馬街道の中心にあり藩主が宿泊した本陣佐藤家や問屋遠藤家があって塩の道として江戸中期に栄えた!」と記されている。
巨石八つがあり、下記五つの他、今回探せなかったが山中木々の中に、呼ばり石、潜り石、博打石があると言う。生憎お名前をお聞きするのを失念してしまったが、地元高台に住む方に資料パンフを頂き、色々石に纏わるお話を頂いた。又出来るだけ早い時期に山林の巨石を御覧頂けるよう整備を進めたい…旨を伺い、有難い事と感謝申し上げる次第。

                  明神遊び石
:巨石として私はこれをメインに位置付けた。これだけが全体像ではなく1m位下を見る事が出来るので、見る角度では更に巨大に見える。
上の松は200年以上も同じ姿を留めていると言い「夫婦松」と称する。
f0125073_915711.jpg


               上段左 蛙石、右 椿石
               下段左 庚申塔立石、右二十三夜塔
:庚申塔立石は二つの巨石が重なるように立っており達磨の様にもみえる。旧街道の道端にあった巨石である。
巨石ファンとしては自然の巨石のままの崇拝対象が望みであるのだが、線刻にしても手が入ってる事は残念なのである・・・自然石に太い注連縄等が巻いてあったりするともうそれだけで歓声を上げたくなるのである。
f0125073_942298.jpg
:二十三夜塔はこれ一つ単体でも通用する巨石で廻り込めば薄っぺらな碑ではない事が分かる。

f0125073_21561684.jpg
庚申塔立石にしても二十三夜塔にしても当該日に仲間が集まって飲食を共にし、お経を唱えて悪霊を追い払い素朴な信仰を村人は江戸の昔からほんの少しの前の現代に至るまで続けてきたに違いない。
巨石ファンとしては是非一度「白髭八景石」を見る事をお勧めする。
残り3巨石については早く見たいのであるが、こればかりは地元の方々の雑木藪草刈り等の整備にお願いするしかない。
[PR]

by yo-hamada | 2010-04-10 09:01
2010年 04月 01日

小結 福島県二本松市舟石:舟石

「舟石」と言う地名から若しかしてと思い探しに来たものであるが案の定であった。
国道4号線二本松から東北本線駅杉田駅に出る。駅裏側の川沿いを道なりに北上(左折)すると舟石町内に出るがこの舟石は町内入り口道路左脇に鎮座する。
f0125073_8421169.jpg

巨石群のある場合結構「舟石」と名がつく巨石があるが、単体でこれほどの見事な巨大な「舟石」はなく、私が見た舟石でこれ以上のものはない。正に全国区ではないか!どうして今までどなたも取り上げなかったのだろう!
                     前からの全景
f0125073_84318.jpg

                    横から
f0125073_17192481.jpg

                    舟の後ろの上から見ると!
f0125073_8434969.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-04-01 08:36
2010年 04月 01日

前頭 岩手県遠野市上宮森:呼ばれ石

旧釜石街道(遠野街道)396号線を遠野に向かい走り、上宮森の寺沢川を渡る間もなく右側の路方に見えてくる。兎に角でかい。看板には、「遠野遺産第23号」とあり、説明板には、「…昔、近くで作業している者に向かって、麓から家人の昼呼ばり(昼食事を知らせる)する声を真似たり返事をしたりするのはこの巨石の悪戯らしいので、さては狐狸の化身かと鉄砲で一発撃ち込んでからは人の声に呼応する事もなくなったと言う。里人は今でも胴体に鉄砲玉の傷跡があるというこの巨石を「呼ばれ石」と呼んでいる。」と書いてあったが、傷跡は探せなかった。
f0125073_8351397.jpg

f0125073_8352440.jpg
            巨大な呼ばれ石
f0125073_8353379.jpg

f0125073_8355561.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-04-01 08:25
2010年 04月 01日

十両 岩手県二戸市金田一温泉外山四戸城跡:牛石

岩手県国道4号線を青森に向かって走り、金田一温泉地の左側に入る。
四戸城跡地を訪ねれば山の上に墓地と畑があり、中央に巨石「牛石」が見える。
牛の頭部か、いや全体を指して言うのだろう。
四戸氏が何時の頃から住みついたのは不明であるとの事。
一戸から九戸の内、四戸は今はないが昔はあった。四戸氏が姿を消してからこの地に四戸は無くなったのだろう!城跡の牛石なら城のどの辺にあったのだろうか!
動かすことは容易ではなかった筈だ。
                   四戸城跡地
f0125073_8243973.jpg

                   牛石
f0125073_825918.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-04-01 08:23
2010年 04月 01日

十両 岩手県花巻市北小山呼石呼石大明神:呼石

地図にあった地名の「呼石」から巨石を探しに行ったのだが、4号線花巻二枚橋から224号に入り、五大尊光勝寺を過ぎ左折し右側の道をなりに直進し突き当ったら左折すれば呼石大明神が見えてくる。
f0125073_8161526.jpg
f0125073_816253.jpg
その本殿裏側に鎮座する巨石であるが右側が大きく滑落し、左側もずれて笠石のように被さっている。元々はご神体であったと推定される。
                      呼石
f0125073_8163920.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-04-01 08:09
2010年 04月 01日

十両 福島県二本松市除石:除石(のぞき石)

「除石」と言う地名を見て巨石を探しに来たものであるが案の定であった。
道路沿いに流れる川の名前も「除石橋」とある。
f0125073_851498.jpg
上の写真を撮った場所は左奥にある除石のある場所から出て来た所である。田の脇(山裾)にある。手入れも良くなく捨て置かれているように見える。
f0125073_854569.jpg
地元の方に伺っても「除石」どころか地名の由来さえ分からなかった。
一帯を確認したがやはりこの巨石が「除石」に間違いないと思う。
逆に余りにも巨大であるが故取り除く事が出来なかったのか、若しくはこの石を脇に除いて田を作ったのか!で、この地名が付いたのではないだろうか。
f0125073_85585.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-04-01 08:04