<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 12日

大関 福島県石川郡浅川町山白石破石:破石(われ石)

4号線から鏡石、矢吹、白河等何処からでも118号線を浅川町に走り浅川町の276号線に折れ、更に山白石の破石部落に折れる。福島交通のバス停「破石」から1km程走る。
f0125073_835376.jpg

右手、田の奥に巨大なピラミッド型の△石が見える。右隣にはそれほど大きいものではない鳥居がほんとに小さく見える。
f0125073_836682.jpg

               巨大な破石
f0125073_842611.jpg

脇から見れば半分に裂けている。
f0125073_8375397.jpg
f0125073_8382572.jpg

破石の二つには注連縄が巻かれ、破石神社のご神体となっている。これこそ巨石!という感じである。どなたも取り上げていないのが不思議であり、多分であるが、地元でしか知られていない巨石を見るにつけ、他にもこうした知られざる巨石は東北には未だまだ在るに違いない!と思ってしまう。
当然であるが村落名「破石」はここから来ている。
町(文化財担当部署等)からの由緒・謂れ等の看板が設置されていれば尚うれしいものであるのだが…。
巨石ファンの方々!是非ぜひ一度ご覧になる事をお勧めする               
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-12 08:34
2010年 05月 12日

小結 福島県東白川郡寒川村藤の草:天狗橋(巨石)

福島県浅川村118号線から71号線に入り直ぐ鮫川村349号線に入る。
242号線と交わるがそのまま349号を走り、この松の木の場所から右折する。
f0125073_8261372.jpg

先程の242号と交わった所から湯の田温泉~滝の下を通り2.6km走ると草木橋に出る。
f0125073_8263688.jpg

橋を渡り左折しそのまま行けば車20~30台も入ろうかと思う駐車場にでる。
そこから歩けば目と鼻の先にその巨石が見える。
不思議なのは巨大石が2つ続いて一つの橋である事だ!
自然の妙としか言いようがない。いやそうではあるまい、古代人の力に相違ない?
「天狗橋」と言う名前から想像するに、摩訶不思議な事は全て天狗か弁慶の仕業になるのだろう!手っ取り早いからだ!
(古代人の仕業にするのも手っ取りばやいってか?)
橋の脇には桃が割れたような巨石が立っている。
f0125073_8555924.jpg
f0125073_8273464.jpg

更に30mほどの上の山には「立石」とも言うべき巨石がある。この橋の片割れなのであろうか!
f0125073_8302591.jpg
福島緑百景にも選ばれていて散策路も整備されている。巨石ファンには是非ご覧頂く事をお勧めする。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-12 08:24
2010年 05月 12日

前頭 福島県石川郡浅川町山白石破石:達磨石

4号線から鏡石、矢吹、白河等何処からでも118号線を浅川町に走り浅川町の276号線に折れ、更に山白石の破石部落に折れる。福島交通のバス停「破石」から見える。
f0125073_819826.jpg
f0125073_8191887.jpg

一番奥の小高い民家の上に見える。右手の巨石が、成る程、名の通り達磨石である
f0125073_8233334.jpg

バス待合所に民家の案内図があったがほとんどが「生田目」姓である。一番上の生田目様方の裏手に2つの巨石が鎮座している。達磨石だけでなく二つとも巨石である。
f0125073_8205029.jpg

f0125073_821492.jpg

周りの雑木雑草等は綺麗に刈られて手入れが行き届いていて気持ちが良い。勿論登ってご覧頂く前に生田目様の屋敷内でありご了解を得ないといけません。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-12 08:17
2010年 05月 12日

十両 福島県石川郡玉川村南須釜40:邪魔石

f0125073_8161197.jpg
福島県玉川村42号線から須釜東福寺舎利石塔のある63号線に入り母畑の方に向かう。右手に片山ゴム福島工場様の脇にこの石群は点在する。直ぐ隣町の石川町の看板が見える。
f0125073_8163336.jpg
オブジェの様に見えるが前と後ろの巨石が一つに見えただけです。
f0125073_8164522.jpg
単体の巨石でも通用する巨石である。
f0125073_8165678.jpg
f0125073_817576.jpg

地元の方に伺っても単なる「邪魔石」だとの事であった。ここ一帯は邪魔な巨石の宝庫である。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-12 08:15
2010年 05月 12日

参考掲載 福島県岩瀬郡鏡石町大字久来石字小栗山46番地:小栗山観音堂巨岩

鏡石町字久来石にあるのだが4号国道から東北自動車道を横切り川を渡らず左に折れ久来石の部落に入ると小高い山裾にある。
残念ながら町名の由来になった久来石は地元の方々に伺っても探せなかった。
f0125073_8123922.jpg

仙道第三十番札所 小栗山 高福寺十一面観世音菩薩とある。
巨岩はお堂の中にも入り込んで造られている。巨石とするには無理があり参考とする。
f0125073_8141069.jpg
f0125073_8131686.jpg
f0125073_8142227.jpg

樹齢五百年の大欅が天然記念物としてある。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-12 08:11
2010年 05月 05日

前頭 福島県二本松市立石立石山:立石

二本松市4号線から459号線は東北自動車道をくぐり岳温泉方向に向かう。
自動車道の下をくぐって500m程行くと「東北東海」の看板があるがこれから右折するように岳温泉に向かう。7Kmちょい程行くと立石山の神の看板が見えるので右折して山に登る。
f0125073_9221267.jpg

狭い山道であるが車で行けるので500m行けば見事な立石群である。
f0125073_923232.jpg

多くは手を入れられていて巨石群が山の神として大事に信仰されている。
この山の下の部落の立石と言う地名にもなるほどと思える謂れある巨石である。
f0125073_923151.jpg
f0125073_9232791.jpg

                 横から見ると
f0125073_924529.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2010-05-05 09:20
2010年 05月 05日

十両 福島県飯野町古屋戸:狐石

福島県4号線の「安達道の駅」から二本松方面に進み、直ぐ39号線に左折する。
6Km強走ると40号線と交差するが40号線に左折する。
f0125073_919187.jpg
2~300m程走ると道路左側に小さな看板「狐石」の看板が見える。
f0125073_9193443.jpg
看板の割には手入れが悪いが巨大である。
f0125073_9195265.jpg

上部の巨石と絡みはあるが、多分この巨石の下に狐が住みついていたのだろう!
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-05 09:18
2010年 05月 05日

十両 福島県二本松市硯石:硯石

二本松市4号線から459号線は東北自動車道をくぐり岳温泉方向に向かう。
自動車道の下をくぐって500m程行くと「東北東海」の看板がある。その看板方向に走ると左手にアパートが見えて来るがそのまま2つ目のアパートの手前の道路を右折すると「硯石」の小さな看板が出る。注意して右手を見て欲しい。
f0125073_9164440.jpg

この写真よりも実物の方がより見事な硯石である。
f0125073_9165995.jpg

この硯石にもやはり祠が置かれ信仰対象になっている。
f0125073_9171735.jpg

硯石の水は日照りでも枯れない!と言う話があるが溜まり水は全然なかった。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-05 09:15
2010年 05月 05日

参考掲載 秋田県南秋田郡井川町井内井川俎山(まないた山):とたか石とそぞけ岩

7号線秋田市井川町から228号線に入る。10Km進むともう林道であり大蔵又滝を過ぎその先2Kmほど先はもう道は地図にも載ってない。
左手の山峰に直立した石が見える。これが「とたか石」と言う。
f0125073_972341.jpg

「とたか」は鶏の「とさか」から来た名前と言う。見る角度では成程とさかである。
f0125073_981216.jpg

只、近くから写真を撮ろうにも急峻の為登る事は出来ない。下から見上げるしかない様だ。
奥に行って見るとシルエットになって入道か修行僧の様に見える。
f0125073_983599.jpg

この先500m程行くとそぞけ岩がある。井川上流には流れに沿って巨大な石がごろごろしている。これは見ものである。
f0125073_99990.jpg

「そぞけ」岩は何故そう呼ばれるのか不明であった。
岩肌を何かで“そぐ”様な形を方言でそういうのだろうか?
「そぞけ」を方言で調べたら、最初のそは「す」に、次のぞは「ず」に、けは「き」になるのだそうだ。従って、「そぞけ岩」とは「すずき岩」になるのであるが、これはどんな意味?もしかしてこの山の所有者の名?ますます分からない!知ってる方教えて下さい。
さて、それより私はその真向かい山の巨岩に注目した。
名は不明であるが、むしろこの岩の方に魅力を感じる。
f0125073_9104648.jpg

               横から見ると巨大岩
山斜面にあり、余り巨大過ぎるので写真を斜め撮りにしたので首を傾げて見て下さい。
f0125073_911565.jpg

「とたか石」も「そぞけ岩」も秋田県の10万分の1の地図には景勝地として記されている。
小さな看板でも良いので設置して頂ければ嬉しい。
とたか石をネットで調べていたら、興味あるブログがあった。
「姫太郎父の部屋 秋田の林道紹介~能代方面の林道」Ver.1にも関連した記事があった。
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-05 09:05
2010年 05月 05日

前頭 福島県二本松市東和町太田字高槻:博打石

二本松市4号線から62号線に入り9Km程行くと40号線が左に出るが直ぐ下太田小学校の手前から右折する。
有名な福島マスターズロードレース選手権が行われる道路である。
f0125073_93214.jpg

               この道路に入り走りながら左手方向を見て欲しい。山裾に巨石が3っ石の様に並んで見える。
f0125073_16191050.jpg

                         中央の石が博打石である。巨大な亀の甲の様である。
f0125073_935380.jpg

                          横から
f0125073_942852.jpg

                          裏から
f0125073_945061.jpg

地元のお婆~さんが指を数え「…私の爺~ちゃんもやった!と言ってた事を思い出した。数えれば120年位前だね。」と語ってくれた。
(紫陽花寺「高林寺」まで行ったら行き過ぎである。)
蛇足ながら、あちこちにある「博打石」とは、この上で丁半の博打をしたと言う事ではなく、あくまで村人たちが吉凶占・豊作占や祈願の行為を指して言ったものであろう!
[PR]

by yo-hamada | 2010-05-05 09:00