<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 08日

参考掲載 宮城県塩釜市塩竃神社周辺:九石[現存六石]

申し訳ございません。巨石ではないが私の地元と言う事でご海容の上、参考迄ご覧頂きたい。
江戸寛政年間に完成した『奥鹽(おうえん)地名集』(奥州鹽竈の略と思われる)によると塩釜には名石九石があったと記されている。
(編集・刊行 NPOみなとしほがま:以下同資料による。……頒布中¥2,100-☎022-364-0686)
現存するのは、『牛石』、『しるべの石』、『母子石』の3つ、それらしき石は『雄石(男石)』、『防波石(波よけ石)』、九石には入らないが「塩松勝譜」記載の『神足石(じんそく石)』がある。所在不明が「おつむきの石」、「影向石」、「女石」、「御腰かけ石」である。

『牛石』
塩釜神社の末社、御釜神社境内にある。
当地で焼いた塩を積んで運んだ牛が石に化したものと言われる。
これにまつわる祟りや伝説もあったり、地元ではこの池の水底は海に繋がっているとも言われている。
f0125073_1535778.jpg

七月七日の水替神事で、牛の背を見る事が出来る。
f0125073_15372635.jpg

『しるべの石』
四方跡公園脇にあり、碑の正面に次の様に刻字されている。
「東 七曲り水戸、南 御たいの橋、北 七曲り坂、西 御こしかけ石」と、四方の名所を記している。
f0125073_15375974.jpg

『母子石』
石の正面に表面に大小の足形が見える事から古来より名石、奇石とされ地元の信仰を集めて来た。
本書によれば病気の母を慕う娘の母につかうる話であるが、「塩竃神社」記と地元案内看板には異なる伝説が書かれている。これによるとこの石は「泣き石」とも言われる。多賀城の人柱とされた父親を嘆き悲しみこの石の上にいつまでも立ち泣き続け、泣き声が消えた時は母子とも屍になっていたと言う。この石の上には母子の足跡が残っていたとある。ここの地名「母子沢」もこの石に由来する。
f0125073_15382813.jpg

                     足跡。   
f0125073_1538523.jpg

『雄石(男石)』
白坂観音堂境内に男根の形をした石1基がある。
1、6m程あり男石とする見方が有力である。
f0125073_15492317.jpg

『防波石(波よけ石)』
白坂にあったこの碑は、時期が不明であるが諸事情から見て後年「八尺堂之址」と刻まれたが、かつて梵字の刻まれた石で、波よけの石とみている。石碑の頭部があたかも波頭の形の様で波よけ石に相応しい石と言える。
f0125073_15493846.jpg

『神足石(じんそく石)』
塩作りの神にまつわる名石。神様の足跡が残っているとか神様が休んだ所と記されている。塩竃神社の左宮と別宮の間にあった神足石は「…二尺余にして…』とあり、記録と同じ現地にあっても確証に欠ける所であると言う。
f0125073_1545228.jpg


追記:当塩釜市関係の巨石には、
トップページに戻り“以前の記事”欄 2010年6月をクリックして頂ければ「伊母石&梅宮神社石」
           2007年5月をクリックして頂ければ「稲井石」がありますのでご参照下さい。
[PR]

by yo-hamada | 2011-03-08 15:33
2011年 03月 01日

前頭 福島県福島市松川町梧桐内:比丘尼石(びくに石)

4号線福島市内から南下し福島大に向かう114号線に入るか、通過し金谷川駅の看板が出て来たら右折しても可。114号を進むと193号と交わるが直進する。看板通りの金谷川駅方面に来た場合はここで左折する。 500m程行き、丸石地区に左折する。左折後100m程行くとこの写真の景色が出て来るが「軽トラの前」を左折する。ここは「丸石地区」と言う所なので、名の由来の丸石を探しに行ったのであるが、今は残念ながら民家道路脇にほんの少しあるだけで道路整備で破砕されてしまったと言う。
f0125073_101326.jpg

そのまま道なりに(上ったり下ったり)進み、本線の下の小さなガードを潜る。
f0125073_10133273.jpg

左に曲がると「比丘尼石」は道路脇に見える。
f0125073_1014339.jpg
比丘尼とは女性の出家修行者の事であるが付けられた石のその名前の由来は定かではない。
巨大である。中央に薬師堂があるが巨石ですっぽり隠れてしまうほど石は巨大である。
前から。・・・・・・(石の上には「山神様」が祀られている。)
f0125073_10154973.jpg

薬師堂の左後方の石は切立ったように垂直で2つに割れている。
f0125073_10162261.jpg

f0125073_10163438.jpg

薬師堂の左後方の石を脇から登って上ってみると、見えた以上に巨大石である。
f0125073_1017613.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2011-03-01 10:12
2011年 03月 01日

十両 福島県福島市松川町浅川:女泣石(立石)

4号線福島市内から南下し福島大に向かう114号線に入るか、金谷川駅の看板が出て来たら右折しても可。114号を進むと193号と交わるが直進する。看板通りの金谷川駅方面に来た場合はここで左折する。 そのまま直進し踏切が出て来るので手前を左折する。
f0125073_109993.jpg

そのまま1kmほど進むと右手に東北本線が見えるので右なりに100m進むと松川事件による列車犠牲者の慰霊碑が左右に建てられているのでそこから100mほど進むと田んぼの畔にある。
f0125073_10383418.jpg

左側から、角の様にせり出した格好をしている。
f0125073_1093673.jpg

正面から…「女泣き石」とは何ゆえか……あぁ、そうか、なる程!
f0125073_1010045.jpg

右側から。
f0125073_10105791.jpg

埋まっている分はどれ位あるのだろうか!?「女泣き石」より「女泣かせ石」とか「チンポウ石」がお似合いかも。
f0125073_10112479.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2011-03-01 10:08
2011年 03月 01日

十両 福島県福島市松川町字関谷七尋石:七尋石

4号線福島市内から南下し福島大に向かう114号線に入るか、通過し金谷川駅の看板が出て来たら右折しても可。114号を進むと193号と交わるが直進する。看板通りの金谷川駅方面に来た場合は左折する。東北本線の上を通りそのまま行くと前方左にコンビニが見えて来るがその100m手前を右折直進し、100m行って右折し道なりに進む。
コンビニ手前右折地点から400mの所にある。
f0125073_1052514.jpg

両手を一杯に広げた長さを一尋(ひろ)と言う身体尺であるが、これが七尋あったと言う巨石である。一尋1m50cmとして10m程になる。
この石には、「この部落に嫁いで来たがお姑さんにいびられ、帯を解きながら逃げ出した」という言い伝えがある。この帯の長さが七尋もあったと言う事である。
この部落の地名がこの石から「七尋石」と名付けられたものである。
近年まで、七尋石部落に嫁いできた嫁さんはこの道を通らなかったそうである。
この石は御影石であるが、付近に石切人達が多く住んでいて3mほど削り取られ現在は7m程になっている。
f0125073_106864.jpg

上から見ると船石の様である。埋まっている部分を掘り起こしてみたいっ!
f0125073_107530.jpg

[PR]

by yo-hamada | 2011-03-01 10:03