2006年 12月 28日

小結 宮城県角田市西根笠島地区・立石

緩やかな斜面に配置?された如くの立石・群
f0125073_20343637.jpg

f0125073_1216451.jpg

f0125073_2034275.jpg

f0125073_20343082.jpg


角田市笠島の「立石」
羽入の立石から北西320度、約11km地点にある。
地名になっている立石地区の笠島の立石である。起き達磨のような巨石である。
立石の下、右横には、崩壊した上部分が横たわっている。
羽入の立石と同様、これも巨大なイワクラに違いない。
高さ10m、周囲40m程の、この立石は、角田~白石間を結ぶ最短の道筋で、分かれ道には「右白石・左大倉村)と刻まれた寛保3年(1743年)の道標が立っている。
この立石は権現堂の山麓に位置し意味ありげである。

尚、ご参考まで、これについては、右にリンクする「丸森の巨石伝説」を検索してみてください。詳しく載っております。
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:16
2006年 12月 28日

小結 福島県伊達郡川俣町飯坂花塚山地内・護摩壇岩

川又町114号線から入る。入り口は一寸分りずらい。ちびっこ天国花塚の里を目指せばよい。
f0125073_12142663.jpg


同じコメントで申し訳ないと思うが、この花塚山の紹介の為、お許し頂き度。
飯野町の千貫森はUFOのコンタクト地であるが、すぐ隣町にこの山がある。
昔は、鹿を放つ!と言う「はなつか山」であったが現在は、花塚と呼ばれている。
この番付表でも、大関、小結、前頭、十両と何点かランクされている巨石のメッカと!と私は思っている。
メンヒル、ドルメン、天の岩戸、ピラミッド等などごろごろしており、巨石ファンなら垂涎で、見逃すべきではない。

ここは頂上付近にある。護摩壇岩と呼ばれている。下界は絶景である。
これは結構大きい。投稿者が上に乗っかっているのが分かるだろうか!
ロッククライミングのように鉄の鎖がついているのでそこから登る。
体重の多めの方や女性は一寸無理であろうか。
どうやってこの巨石が出来たのであろうか!これも自然に出来たものなのであろうか!
到底、自然に出来たとは、私には思えない。 
これもマニアの方、勿論投稿者も、であるが、古代は光り輝く鏡石だったのではないか!と・・・・。
そうして、何時もながら、当然の如く、古代の人の底知れぬ力とその不思議さに、一人驚くのである。
・・・どこからか運んできた?と考え自問しているのである。
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:14
2006年 12月 28日

関脇 岩手県盛岡市名須川町160番・三ツ石

4号線から455号線に入り、400m程行った左側、東顕寺の裏手にある。
f0125073_12111319.jpg

f0125073_933243.jpg

三ツ石と鬼の手形!
見事である。凄い巨石である。周囲には巨石の様なものは全くない!
此処だけであるだけに不思議である。三ツ石と言う所が謎である。あちこちに三ツ石がある。
やはりオリオン星座信仰との絡みがあると推定されるが・・・。
簡単に運べる大きさではない!またしてもどうやって!どこから!である。
伝説に、悪さをする鬼をこの三ツ石に縛り上げた所、二度とこの地方にやって来ないという約束の為、印として三ツ石に手形を押させて逃がしたと言い、これが岩手の県名の由来と言う。
巨石に、鬼の手形は見つける事が出来なかった。
又、鬼の退散を喜んだ住民が幾日も踊ったと言うが、この踊りが「さんさ踊り」の起源といわれている。
巨石には雲に擬した注連縄が張られ、稲妻を模す紙四手が真新しく、巨石信仰、巨石がご神体と窺い知れる。
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:11
2006年 12月 28日

小結 福島県伊達郡川俣町飯坂花塚山地内・立石(メンヒル)

川又町114号線から入る。入り口は一寸分りずらい。ちびっこ天国花塚の里を目指せばよい。
f0125073_12101836.jpg


川俣と飯舘を分ける花塚山は、古くから神の山として崇められている。
慈覚大師が山頂の花崗岩の護摩壇岩の上で修行したとも伝えられる信仰の山。
同じコメントで申し訳ないと思うが、この花塚山の紹介の為、お許し頂き度。
飯野町の千貫森はUFOのコンタクト地であるが、すぐ隣町にこの山がある。
昔は、鹿を放つ!と言う「はなつか山」であったが現在は、花塚と呼ばれている。
神社のみが放鹿山神社である。
この番付表でも、大関、小結、前頭、十両と何点かランクされている巨石のメッカと!と私は思っている。
メンヒル、ドルメン、天の岩戸、ピラミッド等などごろごろしており、巨石ファンなら垂涎である。
登山道があり、両方とも遊歩道が整備されていて、ふくしま百名山に選ばれている。

これを見たときの驚きは、丸森立石を見た時に勝るとも劣らない!
こんなものが存在するのであろうか!と言う感動と驚愕!
地元の方々は「竪石」と呼んでいる。古代巨石文化のメンヒルである。
高さは15m弱、測りようがない。ある書は20mとも30mとも書いてある。30mは大袈裟過ぎる!
超・超・大型のトーテムポールか、達磨落としか!の様である。
どうやってこの巨石が出来たのであろうか!
これも自然に出来た!と言うのであろうか!到底、自然に出来たとは、私には思えない。
とは言え、近くに同質の巨岩が山肌にへばり付いており、向後、何千、何万年の風雪に依る侵食があればこれも可能なのであろうか!と思わせられるのであるが。
マニアに限らず、ハイキング感覚で来て一度見られることをお勧めする。

参考まで!兵庫県神河町中村/東山の巨石が酷似しているので掲載する。
       ネット・・・不思議の古代史→不思議の古代史・トピックス→ピラミッドの巨石はこうして持ち上げた
→(宣保愛子が・・・透視する)→絶壁に立つ巨石が倒れない。
f0125073_1455236.jpg
f0125073_14553735.jpg


榛名山神社のつづら折り→上と同じ達磨落としの様な巨石。
f0125073_2037965.jpg

[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:10
2006年 12月 28日

大関 宮城県牡鹿半島金華山・天柱石

f0125073_1284688.jpg


f0125073_1453713.jpg

金華山は島全体が黄金山神社の神域で、信仰の島である。平安から明治後半まで金が産出された。
恐山と出羽三山と並び奥州三霊場である。
三年続けてお参りすれば一生お金に困る事はない!と言う言い伝えがある。
古来から信仰登山の山掛けが行われている。40~50分ほどで山頂に出る。
山頂の大海紙(おおわだつみ)神社付近には、巨大な組石や鏡石があったり、方位石かと思われる巨石がある。
f0125073_937334.jpg

東側に10分程度下りると天柱石がある。丸森の立石に似た見事な巨石である。
花崗岩の巨石で、一名水晶石と呼ばれ、白石英が変化したものだと言う。
金華山の弁財天の降臨した石と言われている。
天に向かって立つ高さ約20m(もう少し低い?)の柱の形からもそう呼ばれる。
昔は現在の2倍の高さがあったが、落雷のため折れて今の姿になり、折れた石は海底に沈んだ!と案内板に書いてあるが、これはない!海は遥か先である。
ただ、付近に巨石がごろごろしており正に群と言うべきであるが折れた石はこの辺にあるのだろう!。
よく海釣りに行くと言う方に伺ったが、確かに天柱石はもっと大きく、海上の船から見えたが今は見えないといっている。
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:09
2006年 12月 28日

大関 山形県南陽市伊佐沢・象石

f0125073_1243053.jpg


長井市上伊佐沢大石・大石山洞雲寺内。
山道から350m横に入り、文化財に指定された山門をくぐると、巨石は本堂裏にある。
その直ぐ後ろの山裾にある、象に似た見事な、圧倒される花崗岩の巨石である。
古代、空中を運ばれて?ここに置かれた!としか考えられないオーパーツの巨石(高さ左3.3m、右6.5m、上面幅東西7.5m、長さ11.6m、周囲34m)である。
巨石信仰は当然であろうが、そこに、何故、何の為、どうやって運んだのか・・・・が不明。不思議である。
象石の上には星座らしき掘られた穴、巨石の傍らにも丸型の穴の開いた石がある。
f0125073_934617.jpg

少し山に入った所に、大きなじじばば石もある。更に上に登れば、この山を取り囲むように舗装された道路に出るが、その目の前に番付けにもある「博打石」が見える。
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:04
2006年 12月 28日

大関 宮城県丸森町泉地区山林内・立石

f0125073_123378.jpg


大関の丸森立石!
昭和41年に立石は丸森町の天然記念物(地質:花崗岩)に指定された。
丸森町349号線から113号線に入る。道なりに行き橋を渡り2,6km程行くと羽入集落に向かう右折道があるので進み、羽入集会所から左折する。『立石』への看板が出て来るので手前に駐車させて頂く。立石は、羽入東の山の中腹上にあり、柱上の高さ12.3m、周囲25.1m、上部は畳10畳敷きと言われる巨大なイワクラ=立石である。人々が古代から信仰の対象にしてきたに違いない。巨石の回りに弥生式土器の破片や年代不詳の古銭貨幣が出土しているとの事。
地元の方は、埋もれていた巨石が長い間の風雪で露出してきたのではないか!語っておられるが、はたして!私は逆に段々埋もれて行ってしまってるのではないかと考えているが如何。
f0125073_6331856.jpg

脇に巨石が転がって(私には配置されてるように思える。)いるが、斜めになっている巨石は、天文台に行って調べたが、専門官は角度や方角から、多分に冬至に落ち行く太陽をながめていたのではないか!と、私の執拗な主張に何とか答えようと、しぶしぶ太陽崇拝説の絡みを指摘頂いた。
もしかすると、斜面の反射ではなく、上に向かう方向の先に意味があるのではないか!とも、話して頂いた。
伝説には実際に起こった事の投影として残る事が多い!と言われている。
丸森には、火花を散らすとか、夜でも昼のように明るいとか、雷がなっているように凄かったとか、雲に乗せて飛んだとか、火の玉が山頂に集まるとか、石が飛んで川を堰き止めたとか、光や飛んでいく伝説が非常に数多くある。
このような伝説から、私は、昔、立石山に、光る輝く物体(UFO)が立石に飛んできたのではないか!と推測する。
因みに、UFOのメッカ、頻繁に目撃されている福島県飯野町の千貫森付近は此処から、目と鼻の先、僅か35kmしか離れていないのである。

この「丸森立石」に関する詳細については、イワクラ学会誌の「会報9号」に掲載された。
これを編集し直したブログは、これとリンクして、「巨大立石を中心とした丸森巨石群」で紹介させて頂いているので、是非覗いて頂き度。

尚、平成20年秋後半乃至冬場に、隣りに見える丸森小富士山を調査し、この立石との関係を見つけて来ようと考えている。夏場に熊が出没し、マムシの宝庫で全山藪で登り道が無いと言う事で現在は葉が落ちる時期迄待機中なのである。

尚、ご参考まで、これについては、別に「丸森の巨石伝説」を検索してみてください。詳しく載っております。
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:03
2006年 12月 28日

横綱 岩手県遠野市綾織町上綾織・続石

今般の1000年に1度と言う東日本大震災に於いてこの続石の倒壊が懸念されました。遠野市産業振興部観光交流課観光推進係主任松田 健一様より無事であるとお聞きし、巨石ファンとして胸をなでおろしております。
過般の岩手沿岸北部地震においても、僅か震源地と30km程しか離れていないにも拘らず、不思議な事に、危ういバランスで立っているその続石に、全く倒壊等がなかった事は驚嘆に値する。また4月7日の東日本大地震の余震に於いても全く影響を受けなかった事は現地に赴き確認している。

続石は、見る角度によって随分と違う形の巨石である。
この角度からは宇宙船艦ヤマトみたいに見えるから不思議である。
f0125073_7425282.jpg

よく見ると、二つの石に乗っているのではない!片方で、いざという時に支えになるのではないか!
f0125073_7362837.jpg
何という形である事か!計算された物なのであろうか!
f0125073_7384249.jpg
f0125073_7333690.jpg
私の、この巨石番付では最強の横綱である。始めて見た時の驚きは筆舌に表し難い。
私の巨石探しの原点はここにある!
二つの支柱石の上に、幅7m、奥行き5m、厚さ2mの巨大な笠石を乗せたドルメンである。
墓ではないかと言われているが、このドルメンは墓ではないでしょう!。
看板に武蔵坊弁慶が一夜で乗せたという伝説の話が書かれてあるが、民話の世界ならいざ知らず、現実にそんな事は考えられない!
足場の悪い斜面に、誰が、何の為に、どうやって運び、どうして乗せることが出来たのか!
白鵬が何百人もいれば持ち上げられようが、全員が手を掛けられるスペースはない。
蛇足ではあるが、50kgの石を2人で持ち上げられるからと言って20トンの石を、800人で持ち上げられるという事にはならないのである。数の遊びであってナンセンス極まりない事なのである。
またこのバランスである。古代人の超能力・空中浮遊技術であろうか!
はたまたネフィリムの仕業であろうか!
写真の撮り方が今一で、巨大な石!を余りアピール出来ないもどかしさがある。
まだ上の、横から撮った小さな写真の方が分り易いかも知れない。
東北の方、巨石ファンの方なら必見である。ならずとも、民話の世界、遠野を訪ねてみるのも良し!である。
・・・NHK朝の番組「どんど晴れ」でも、山口の水車、常堅寺、五百羅漢、河童等と共に、この巨石等も、さり気無く紹介された。(蛇足ながら、遠野の道の駅は大好きな道の駅の一つである。)・・・
[PR]

# by yo-hamada | 2006-12-28 12:01