巨石!私の東北巨石番付

hamadas.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 08日

参考掲載 岩手県住田町種山が原・残丘(モナドノックス)と立石

水沢市から江刺市に向かう。4号線から国道397号線に折れ三陸海岸方向に向かう。
途中456号線、287号線、10号線、8号線に枝分かれするが其の儘直進する。
3つのトンネルを過ぎると右側に「道の駅・種山が原」がある。道路を挟み、その真ん前の道路を左折し道なりに進む。閉鎖された物見山レーダー雨雪量観測所の入り口道路の前を通過し300m行った所の駐車場に停め、そこから登る、と言っても直ぐ目の前にあり誰でも行ける。
標高871mのなだらかな牛や馬の放牧地である。
風になびいたような二つの巨岩や波打つ段違いの巨石がある。
種山が原高原は宮沢賢治の原風景なのだそうだ。
賢治が何度もここを訪れ、「牧歌」「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」など種山が原を舞台にした作品を多く残している。この巨岩が、「この高原の残丘(モナドノックス)、此処こそ、その種山の尖端だ」と賢治が描いた尖った形をした火山性の岩である。
f0125073_8263711.jpg

f0125073_827522.jpg

立石はそこから戻り、トラック出入口の看板や、種山高原星座の森&種山キャンプ場の看板のあった所まで戻り右折する。(初めから立石に行く場合は左折する。)
f0125073_830376.jpg

砂利道であるが暫らく行くと、牧草小屋があるので、車を駐車して、そこから徒歩で牧場を横切りキャンプ場に出ると「宮沢賢治の碑」や「立石」が左手にある。巨大立石である。
f0125073_8304518.jpg

巨石番付には馴染まず参考掲載とする。(唯、立石は評価してもいいと思われるが・・・・)
尚、距離的には遠い感じがするが、この賢治の愛した残丘や立石まではどなたでも簡単に行けるので是非ご覧頂きたい!キャンプを張っていた青年達と話した。
[PR]

by yo-hamada | 2007-11-08 08:22


<< 十両 宮城県石巻市住吉公園・「...      前頭 岩手県奥州市江刺区伊手源... >>